388b93bb3e75c7f712a71bc1517590a9_s

ブライダルネイルはシンプルデザインやチップが人気 いつ何日前にする?

2017/01/01

ブライダル準備はなにかと忙しく、細かなことまでなかなか気が回りませんね。
でも、そろそろネイルの心配もしましょうか?

結婚式で主役となる花嫁さん。
花嫁さんの指先は結構目立ちますので、指先にも気をつけていきましょう。

ここでは、結婚式にふさわしいシンプルで清楚なデザインや人気チップをご紹介と共に、いつ何日前から対応していけばいいか、傷んだ爪のダメージケアなどについてもお教えします。

 

ブライダルネイルはシンプルなデザインにしましょう!

花嫁さんの指先は結構目立つ?!

花嫁さんは披露宴でも高砂にいて指先などテーブルで隠れてお客様には見えないだろう・・・・と思われがちですが、実は、花嫁さんの指先は意外と目立つものなのです。

というのも、結婚式では披露宴の始まる前に列席者を会場に迎えたり、終わった後にお見送りをしますね。
ほら、花嫁&花婿、お仲人さん、両家の両親たちがずらっと横に並んで、お客様1人1人に挨拶をする、あの場面です。

開始時はまだみんなおすまし顔で並んでいますが、男性は腕を軽くおろす形をしても、花嫁さんは、お腹の前で軽く両手を合わせるような形にしますね。
お客さんはもちろん花嫁さんのお顔や花嫁衣裳に目をやりますが、あまりにお顔をまじまじと見るのも恥ずかしく、自然に目を落とします。。。

すると、ちょうど軽く合わせた手先に目がいくのですね。
もちろん手袋などしている場合もありますが、手先は結構目立ちます。

また最後には花嫁さんがお客様1人1人にお花やプチギフトを渡したり、握手をしたりします。
そのときにもやはり手先は目立ちます。

ブライダルネイルはシンプルなデザインが人気

そんなわけで結構目立つ花嫁さんの指先。
ここは、ブライダルネイルにも気を入れて準備したいものです。

では、どんなデザインにしたらよいでしょうか?

「せっかくの結婚式だからかわいいデコパーツをたくさん盛って華やかにおしゃれにしたい!」
そのように思われるのももっともですが、やはり結婚式は厳粛な場。

かわいい派手なデザインよりも、白を基調としたシンプルで清楚なイメージのものが好まれます。

マニキュアも色の強いものでなく、透明かホワイト系かピンクベージュ系のナチュラルな色がいいですね。
ウェディングドレスでなく白無垢を着る場合には余計に注意が必要です。

 

ブライダルネイルのチップで人気の商品

ブライダルネイルだからこそ、ネイルサロンでやってもらおうという方もいますが、実際には忙しすぎて一番行かれないのがこのネイルサロンです。

でも、爪はケアしておけば、当日はつけ爪というのも間違いがなくていいですね。
ネット通販でもお安い手頃なものがいっぱいあります。

ブライダルネイルで人気のデザイン

たとえばこんなデザインだったら、シンプルでさりげなく、それでもウェディングドレスに負けずに統一感のある仕上げになりますね。

ウェディングドレスには、パールやジルコニアなどを使ったアクセサリー(ティアラやイヤリングやネックレス)を合わせて用意していることでしょう。

そのデザインを思い出し、同じ必要はありませんが、あまりにちぐはぐにならないように調整しましょう。

かわいいカラーやチップのデザイン

真っ白なウェディングにはあまり色物はおすすめしませんが、こんなかわいいカラーやチップつきのものもありますよ。

たとえば、披露宴は結婚式と別立てだとか、日を改めてレストランでフレンドリーな友達の会を開くなどでしたら、このような可愛いデザインもおすすめです。

この場合も、花嫁さんやドレスなどが主役となりますので、あくまでも爪で花を添えるという範疇で選んでいくといいですね。

さりげない清楚なかわいらしさが、花嫁さんにはピッタリです。

 

ブライダルネイルはいつつける?ケアは何日前から始める?

さて、そのブライダルネイルですが、いつ頃、何日前くらいにつけたらよいのでしょうか?

つけるのは当日か前日

ネイルですので、何日も前からつけているというわけにはいきません。

一番よいのは、ドレスもメイクもすべて終わってしまってから、最後の仕上げとして担当の美容師さんにこのネイルもお願いするのがいいのですが、結婚式当日はなかなか時間的に難しいものがあります。
また、結婚式会場によっては、持ち込みの小物についてはやってもらえないこともあります。

まず、準備の打ち合わせ段階で、このネイルが当日やってもらえるかどうか確認しましょう。

もしも無理だった場合には、前日にゆっくりとやったらいいですね。

数日前では早すぎて、ひっかけたり外れたり汚したりしますので、ネイルは当日か前日に対応しましょう。

爪のケアは1か月以上前から

ところで、ネイルで気にするのは、そのデザインやいつつけるのかというだけではありません。

あなたの爪が健康でキレイな状態であればいいのですが、じっくり見ると、結構痛んではいませんか?
結婚式の準備に奔走していて、ふと気づいたら爪がボロボロだったというのは悲しすぎます。

それで、おすすめしたいのは、ネイルケアです。
二枚爪、縦筋爪、ぺらぺら薄爪、割れ爪、乾燥爪、ささくれ・・・などなど、
もしもあなたの爪がこのような状態だったら、そのダメージをケアしておきましょう。

これには、状態がひどければ3か月前、少なくとも1か月くらい前からは注意していきたいですね。

でも、忙しい準備期間、結婚式場との打ち合わせもエステも行かなきゃなのに、爪のケアまでお店に足を運ぶのはしんどいです。

でも、爪のケアは、ご自宅で簡単にできますよ。

こちらの美爪の休日は、爪の組織に近い美容成分配合の、ツヤと輝きを与えて爪を補修するネイルです。
爪の組織に近い美容成分、ケラチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどが、爪と甘皮に潤いとツヤを与えて傷んだ爪を補修し、塗り重ねるたびに美しい爪に仕上げます。
しっかり保湿もしてくれるので、外部刺激から爪を守ってくれます。

だから、結婚式を控えた準備期間は、このウォーターベースの美容液ネイル「美爪の休日」を使って、ほんのり色を楽しみながら、同時にケアもしていきましょう。

みずみずしく自然な光沢のある上品な仕上がりになるため、結婚式当日もこの「美爪の休日」だけって人もいますよ。
爪の健康とコスパを考えると、それが一番自然でいいのかもしれませんね。

 

ブライダル ネイル のまとめ

ともあれ、結婚式当時の花嫁さんの爪は意外に目立ちます。

せっかくの素敵な晴れの日、素敵なドレスをまとった姿をガサガサの爪で台無しにしないよう、爪にも注意を払っていきましょう。

忙しい期間、ブライダルネイルは、自宅や自分でできるのが一番です。
人気のあるシンプルなデザインやチップを用意し、時間をかけてケアしていってくださいね。

すてきな結婚式当日になりますように♪


-ブライダルネイル
-, , , , ,