a12ec1b452e3127730d3a929f5026b14_s

母の日のプレゼントは花以外!人気ランキングとおすすめは?

2017/01/01

母の日のプレゼントというと、みな判で押したように「花」「花」というけれど、花以外にもいろいろ喜ばれるプレゼントはたくさんあります。

逆に「花は枯れてしまうから」と残念がるお母さまも多いとか。

今年の母の日には、お花以外のプレゼントをしてみましょう。

ここでは、ヒントになるように、人気ランキングやおすすめ品をご紹介します。

母の日のプレゼントで花以外のもの

お花って、実は難しいものなんです。
お花が嫌いって人は少ないけど、女性だから母親だから「花」ってのは、ちょっと安直すぎかもですよ。

というのも・・・・

本当にお花大好きなお母さんなら

本当にお花大好きなお母さんなら、わざわざ母の日に花を贈らなくても、庭や花瓶には、いつもきれいなお花が咲いているでしょう。

あなたも花の種類をよく知り、ちょうどお母さんが欲しがっている花を見つけたというのであれば、それはラッキー♪
是非是非贈ってあげてください。

でも、お花大好きなお母さんなら、品種の違いなどにも詳しく、実は心から喜んではいないかもです。

お花大好きお母さんにこそ、今年は「お花以外」のプレゼントを贈りましょう。

お花がそれほど好きじゃないお母さんなら

お花がそれほど大好きってわけでなくても、お花を貰って嬉しくない女性は、あまりいません。
でも、好きでない分、日頃花瓶に花を飾ったりしないので、プレゼントされても困ることが。。。。

まず、花瓶がない!
アレンジカゴでも、置くところがない!
3日も経つと枯れてしまう。

だから、なんか「花はもったいない!」と思っているお母さんって、結構多いのだそうです。

あなたが「母の日に花でも贈ろうか?」と言って「花はいいわよ」と言われたこともあるのでは?

こういうお母さんには、もっと実用的なものの方が喜ばれます。

母の日のプレゼント、人気ランキング

それでは、母の日のプレゼントで「花以外」ってどんなものがあるのでしょう。

実は何でもありなんですが・・・・・
やはりそこは、お母さんが女性であり、主婦であるということを考えるといいですね。

特に人気のランキングは
  ・美容・コスメ・香水系
  ・ダイエット・健康系
  ・キッチン用品・食器系
  ・家電系
に人気集中です。
 

美容・コスメ・香水系

お母さんといってもまだまだ若い!
そして、いつまでも綺麗で美しくしていたい!

そんな女心にぴったりなのは、やはり「美容・コスメ・香水系」でしょう。

シミやシワを気にしているようであれば、その改善薬や綺麗に伸びるファンデーションなどがオススメです。
自分ではちょっと買えないようなお高め基礎化粧品などのセットも大変喜ばれます。

オシャレなお母さんなら、香水を贈るのもしゃれています。

ダイエット・健康系

お母さん年代でダイエットを意識していない人はまずいません。
若い頃と違って、ぽっこり出てきたお腹や、背中回りのぜい肉などを気にしている人は多いです。

また、年齢によっては足腰の弱りも気になるところ。

そんなお母さんに、いつまでも元気でいて欲しいなら、体脂肪まで計れる体重計とか万歩計などが喜ばれます。
サプリメントは抵抗がある人も多いようなので、グッズ系を贈るといいですよ。

キッチン用品・食器系

主婦はなんと言っても、1日の大半をキッチンで過ごします。
となれば、そこで使いやすいグッズや、ちょっと小洒落た可愛いグッズなどがあったら嬉しいですね。
キッチン用品は毎日使うので、あなたへの感謝も毎日募ります。

ステキなキッチン用品を贈って、美味しい食事を作って貰いましょう!

また、たまにはゆっくりお茶もできるように、ちょっと高価なティーセットなどを贈るのも喜ばれます。

家電系

家電も、お母さんの日常と切っても切れないもの。
ただ、ちょっと高額にはなりますが、兄弟姉妹で合同でプレゼントするなどしたら、個別のものより喜ばれますよ。

たとえば、お掃除ロボット、衣類乾燥機。
少しはお母さんに楽をしてもらいましょう。

母の日のプレゼントでおすすめなのは・・・

母の日のプレゼント、実は子供から何かを貰う・・・・、もうそれ自体が嬉しいものです。

でも、せっかくなら毎年のマンネリにならず、「えっ?」とビックリしてもらえれば、喜びも倍増しますよね。

プレゼントは、物品には限りません。

たとえば、母の日1日、お母さんにはお芝居にでも出かけてもらって、その間に家族みんなで大掃除!
そして、夕飯まで作って待っていたら、お母さん、本当に感激しますよ。

こんなサプライズ、他の家族と一緒に計画してみましょう。

また、お孫さんのいるお母さんなら、赤ちゃんからのアルバムとか。
特にお母さんと赤ちゃんが一緒に写っているショットを中心にまとめてあげると、宝物のように大事にしてくれます。

やはり、母親に取って、子供や孫が一番の宝物なんですね。

まとめ

母の日のプレゼント、実は「お花」ももちろんありです。
でも、「花」って思った瞬間に、思考停止するでしょう?
お母さんのため、というより、義務感で「花さえ贈ればいいんだろ?」的な発想になりがちです。

だから、今年はあえて、「花」をやめて、「花以外のプレゼント」にしてみましょう。

すると、お母さんが毎日どんな暮らしをしているか、何を楽しみにしているか、いろんなことが見えてきます。
今年は是非「花以外」のプレゼントをお贈りください。


-母の日, 母・義母
-, ,