corsage

入学式卒業式で母親スーツのコサージュ!プリザーブドフラワー手作りキットは作り方が簡単

子供の卒業式や入学式は、その子を育ててきた母親にとって、これまた忘れられない式典です。

でも、結構困るのが母親の服装。

そこで、ここでは、卒業式や入学式につけていくにふさわしい気品あるコサージュをご紹介します。

プリザーブドフラワーだから枯れないし、手作りキットなので、必要な材料はすべてそろっています。

お子様の晴れの舞台、母親も胸にコサージュを飾ってお祝いしましょう。

 

入学式や卒業式の母親スーツはコサージュ次第でグレードアップ

コサージュは1つあると、本当に重宝します。

普通のスーツも卒業式入学式用にグレードアップさせるコサージュ

子供の入学式や卒業式にはぜひとも母親もそれなりの装いで出席したいものですね。

でも、やっと会社の休みは取ったとはいえ、着ていく服がありません。

そんなときには、スーツを式典用にあつらえるよりも、普通のスーツにコサージュをつけるだけで、母親もぐっと華やかに、また改まって見えますよ。

例えば、この写真のようなコサージュなら、普段使いのスーツやワンピースでも大丈夫です。

このとき、以下のようなポイントを抑えると、普段のスーツやワンピースでも、入学式や卒業式に母親が着て行ってもおかしくないほどグレードアップします。

普段着スーツを入学式卒業式用にグレードアップさせるポイント

  • スーツの色はなるべく薄いベージュなどの無地にする
  • 色合いの素敵なコサージュをつける
  • アクセサリーは清楚でシンプルな真珠などにする

 

子供主役の入学式や卒業式の母親コサージュは色を控えめにするとベスト

年齢に合わせた少し控えめな色使い

それでも、子供の入学式や卒業式には、あまりに色の鮮やかなインパクトのあるような色はそぐいません。

主役はあくまでも子供であって、母親はその子供をここまで支えてきた介添え役。
だから、パーティに出席するような派手な色のものでなく、少し色を抑えた薄い色合いのものを選ぶと、母親としてのたおやかで優しい、そして堂々として恥じない風格というものが出てきます。

着ていく予定のスーツの色などとのバランスを考え、実際の年齢よりちょっと落ち着き目の色を選ぶのがベストです。

 

プリザーブドフラワーのコサージュ手作りキットなら作り方が簡単でおすすめ

プリザーブドフラワーは生の花

ところで、母親が子供の入学式や卒業式に出席する際に、安っぽい造花を胸につけるほど滑稽なことはありません。

でも、高級なコサージュは本当にお高いし。。。

そこで、ご紹介したいのが、ここで写真を掲げているバラのコサージュです。
実は、これ生の花なんです。

・・・・・・って言ったら驚きますよね。

正確には、生のバラの花を特殊な加工で永遠に枯れないようにしたプリザーブドフラワーです。

だから見た目には、生花のようなみずみずしさとしなやかさがあり、卒業式と入学式どちらにもつけていけるような造花としての特性も持っています。

それもこれは、そのプリザーブドフラワーの手作りキットです。

手作りキットといっても作り方はとても簡単で、わからないところは電話で問い合わせることもできるサービスつきです。

自分の手作りだから、形のバランスを少し変えたり、素材を加減して、自由にアレンジができますね。

子供にとっても、自分の母親が手作りの素敵なプリザーブドフラワーのコサージュをしているなんて、自慢です。

造花のようでいて実は本物というのは、子供の成長を祝う晴れの日の装いとして、とてもふさわしいものですね。

 

プリザーブドコサージュ のまとめ

入学式や卒業式には、ぜひ母親のスーツに似合うコサージュをおつけください。

そのとき、ここでご紹介したようなプリザーブドフラワーの手作りキットを使いましょう。

キットだから材料もすべてそろっているし、作り方も簡単で、子供さんも大喜びします。


★★★ 合わせて読みたい関連記事 ★★★
○ 入学式
小学校の入学式の服装にブランド物?女の子と男の子 の場合

-コサージュ, 入学式, 卒業式, 母・義母
-, , ,