353a8309938a94f23ee934afc642cd8d_s

玉ねぎサラダが辛くない!アンチ辛いの切り方とレシピ

2017/01/01

玉ねぎのサラダは血液をサラサラにしてくれて、夏バテにもコレステロール対策にも効果的!
でも、生のあの辛い味が苦手という人に朗報です。

玉ねぎは、切り方1つで辛くない?!
臭くないから口臭もしない?!

玉ねぎを辛くしない切り方と事前処理のしかた、こどもでも喜ぶ辛味抜きの美味しいレシピをご紹介します。

 

玉ねぎサラダは辛くない方がお好きですか?

玉ねぎのサラダはカロリーも低くビタミンB1やビタミンB2も豊富に取れ、高血圧や血糖値も下げて、健康に最適です。
特に新玉ねぎの季節には、新鮮な玉ねぎサラダを毎日でも取りたいものです。

でも、あの「辛さ」が苦手という方も多いですよね。

私が職場でアンケートしてみたところ、
21人中17人が「辛くなければ好き」と答えてくれました。
あとの3人は「辛くても平気」「どっちでも構わない」という派で、決して「辛い方が好き」というわけではないそうです。

ちなみに、残る1人は、「玉ねぎは炒めて食べるので、生のサラダには入れない」ということでした。
なぜ生が嫌なのか聞くと、食べないので辛いか辛くないかという前に「匂いが強いから嫌」ということでした。

つまり、それなりの方法で「辛くなく」「臭みもない」状態であれば、生の玉ねぎは「辛くない」方が万人受けするようです。

あなたは「生の玉ねぎサラダ」に対してどんなイメージをお持ちですか?
もしも「辛い」「臭い」と敬遠しているなら、この記事の方法で「辛くない玉ねぎサラダ」を作って食べてみてください。

きっと、虜になりますよ♪

 

玉ねぎサラダが辛い理由

それでは、辛くない玉ねぎの調理方法をお教えする前に、なぜ、生の玉ねぎサラダが辛いのか、その理由から説明します。

玉ねぎの辛さの元は硫化アリル

玉ねぎや長ネギ、ニラやニンニクといった野菜に共通している辛味のある匂いは、「硫化アリル」という成分によるものです。
この硫化アリルは、消化液分泌を増長させて食欲増進の効果があり、また、新陳代謝や神経の沈静化にもよいといわれています。

眠れない夜には枕元に玉ねぎを置くとよいといわれますが、あれはこの沈静作用に寄るものです。

また、硫化アリルにはビタミンB1の吸収と活性化を活発にし、血液サラサラにして動脈硬化を予防してくれるという効果があります。

そんなよいことづくめの硫化アリルですが、この硫化アリルが強すぎたり、直接目や鼻に入ると涙が出ますし、食べてみると「辛い」ということになります。

生の玉ねぎが辛いのは、この硫化アリルを直接感じてしまうからです。

 

玉ねぎサラダは切り方がポイント

では、どうやったらこの硫化アリルを緩和できるのでしょうか?

玉ねぎを辛くしない1番のポイントは切り方

まず、玉ねぎの辛さは切り方次第で変わってきます。
炒め物などをするときには、玉ねぎは縦方向に切っていくことが多いと思いますが、生で玉ねぎサラダを作るときには、横に薄切りスライスしていきましょう。

ここで、玉ねぎの横スライスがうまくできる方法をお教えします。

玉ねぎのスライスの仕方

  1. 玉ねぎは洗って皮を剥いたら、先っぽの茶色皮の残り部分だけを切り落とす。
  2. スライサーにその切った部分を押し当て、根っこ部分を上にする。
  3. スライサーの抑えで根っこ部分をしっかり固定し、スライスしていく。
  4. 丸い形の玉ねぎスライスがどんどんできる。

そう、コツは玉ねぎの根っこ部分を残して、丸のままスライスしていくことです。
このようにすると玉ねぎがバラバラにならず、薄くきれいなスライスがあっという間に出来上がり簡単です。

スライサーは10cmくらいある幅広のしっかりしたものを1つ持っていると、キャベツの千切りなどもできてとても便利です。
(キャベツスライサーという名前で売っています。)
小さいものや幅狭のものだとスライスしにくく、指を怪我しやすいです。

また小さいスライサーに合わせて玉ねぎを包丁で縦半分などにしてしまうと、切った断面からどんどん玉ねぎがはみ出して結局うまくいきません。

スライスは薄ければ薄いほど辛くありません。
幅広の大き目のスライサーはいろいろな料理に超便利!
ぜひ、ご準備くださいね。

とんかつ屋さん キャベツスライサー 35950
価格:2419円(税込、送料別)

玉ねぎは、横に切ることで、その繊維質が断ち切られ、空気と接触する断面の面積が増えるため、辛味が抑えられるのです。

・縦に切ると辛い
・横に切ると辛くない
 

これを覚えておきましょう。

玉ねぎを辛くしない2番目のポイントは水さらしor放置

さて、切った玉ねぎはした処理として、普通は水にさらします。
そうです。玉ねぎは水にさらすことによって、辛味成分である硫化アリルが溶け出していきますので、さらせばさらすほど「辛くない」状態になります。
えぐみやあく抜きもするわけで、氷水や塩水がよいという説もありますね。

でも、ちょっと待って!

硫化アリルは水に溶けやすいので、水にさらす時間は1時間くらいで、かなり辛みや臭みはなくなり、生でもとても食べやすい玉ねぎとなります。
でも、それじゃ、玉ねぎに期待している効能や栄養もなくなってしまうということですよね。

そんな場合には、水にさらさないで、切ってそのまま放置しておくだけでもいいんです。

すでに薄く横切りにした玉ねぎは、その段階ですでに繊維も断ち切られ、断面が空気に触れています。
硫化アリルは空気に触れるほどにその辛味も減少します。

なので、水さらしで完全に辛みをとってしまわなくても、自然放置でもいいのです。

空気に触れさせることが目的なので、

・玉ねぎスライスを広げる
・ラップなどはしない
・冷蔵庫には入れない
 

この状態で、15分ほど放置しておけばいいでしょう。

15分経ったら、ざっと水洗いしてサラダにすれば、シャキシャキで歯ごたえもよくおいしいです。

どうしても辛みが気になるという人は、ビニール袋に玉ねぎスライスとイタリアンドレッシングを入れてマリネ風に下処理をしましょう。
すでに空気にたくさん触れた後の玉ねぎですので、ドレッシングでマリネすれば、辛さはほとんど気にならなくなります。

マヨネーズやマスタードなども少し入れておくと味がなじんでマイルドになります。

玉ねぎを辛くしない3番目のポイントは加熱

玉ねぎは生ほど辛く、加熱は玉ねぎを甘くする効果があります。

そこで、生サラダではありますが、あまりにこの辛さが苦手であれば、15秒くらい電子レンジでチンするといいですよ。
その後、ざっと水洗いして水切りをすれば、辛味はほとんど残りません。

でも、せっかくの生サラダですし、風味も多少落ちますので、ほんのちょっとの過熱にとどめておきましょう。

 

玉ねぎサラダの超美味しいレシピ

玉ねぎサラダのレシピで一番おいしいのは、やはり新鮮な玉ねぎを生でモリモリと食べることでしょう。

鰹節をたっぷりかけて、さっぱり味の味ぽんや甘酢で食べると、美味しさが引き立ちます。
これは作り置きして、翌朝にも食べるとすっきりします。

また、スモークサーモンと一緒に食べると、玉ねぎ自体の辛みは気にならずちょうどよいです。

その他、普通のサラダとして、ロースハムやベーコンやツナ、サニーレタス・トマト・きゅうり・セロリ・人参・さつまいも・じゃがいも・ブロッコリー・ほうれん草・大葉・枝豆・コーン・えのきなどなど、と一緒に盛り合わせてください。

ローストビーフや生ハム、ホタテ缶、エビ、鶏肉のささみなどと一緒に添えてレモンやポン酢を垂らしてもおいしいですね。

玉ねぎは水さらしをするか放置にするかは、お好みに合わせて調整してくださいね。

 

まとめ

玉ねぎのサラダで辛くない方がお好きな方は、ぜひ玉ねぎを切る切り方に注意してみてください。
よく切れる幅広のスライサーで、できるだけ薄く、横方向に輪切りにするのがポイントです。
また、水にはさらせばさらすほど辛い味は消えますが、玉ねぎの効果や栄養を逃したくないという方は、放置して空気に触れさせる方法か、マリネにしてしまう方法なども試してください。

最初に辛い玉ねぎを食べてしまうとそれがトラウマになってその後「食わず嫌い」になってしまいますので、最初はよく水にさらして、徐々に玉ねぎ本来のおいしさを楽しめるようにしていきましょう。


-玉ねぎ
-, , , ,