haloween_ghost

ハロウィンパーティーの料理メニューで餃子の皮をつかった簡単レシピ

2017/01/01

ハロウィンの料理メニューには、お客様や子供たちが喜ぶ「ハロウィンらしいメニュー」を作りたいですよね。

それには、餃子の皮で作るちょっとかわった「おばけ餃子」がオススメです。

とても簡単にできるレシピなのに、これが出るとみんなから歓声があがりますよ。
パーティーが盛り上がり、みんな幸せに♪

是非作ってみてください。

 

ハロウィンの料理メニューで簡単でかわいいものをご紹介!

ハロウィンらしい料理といってもなかなか思いつかないし、かぼちゃももう飽きちゃった!

それなら今年はこんな可愛い「おばけ餃子」を作ってみませんか?

ハロウィンらしいメニューでありながら、とても簡単です。

餃子の皮で作るハロウィンのおばけ餃子

そう!
もう画像を見ただけでできてしまうほど簡単ですね。

でも、とってもかわいいです。

 

ハロウィンのおばけ餃子の作り方レシピ

餃子というと、日本では「焼き餃子」が多いですが、このハロウィン用の餃子はフライパンで焼かずにオーブントースターを使います。

ハロウィンのおばけ餃子の材料と作り方

ハロウィンのおばけ餃子の材料

  • 餃子の皮
  • 冷凍のかぼちゃ
  • スライスチーズ
  • 焼きのり

まず、この材料を揃えましょう!

ハロウィンのおばけ餃子の作り方

  1. 冷凍かぼちゃを解凍してマッシャーなどでつぶします。
  2. スライスチーズをちぎって混ぜ合わせます。
  3. それを餃子の皮で包み、写真のような山形にします。
  4. オーブントースターで焼き色を付けます。
  5. 焼きのりを目の形に小さく切り、水で濡らして餃子に貼り付けます。

はい、餃子と言っても、いつもの餃子ではありません。
餃子の皮を使ったスナックのようなものです。

冷凍のかぼちゃは解凍するだけでほくほくで美味しいですし、そこにチーズを入れるとお酒のおつまみとしても大人気です。

 

ハロウィンのパーティーを盛り上げるアイデアのバリエーション

これ、基本がとても簡単なので、いろいろアレンジしてバリエーションが出せますよ。

中の具材を変える

ここでは、ハロウィンらしくかぼちゃを使ってみました。
このかぼちゃのお味も、

・チーズなどで作れば、おつなおつまみ
・お砂糖を混ぜれば、美味しいスイーツ
 

に早変わり!

また、かぼちゃでなくマッシュポテトなども美味しいです。

焼かないで揚げてみる

中身が出てしまわないように底部分も包む必要がありますが、うまく山形にできれば揚げてしまうのも美味しいです。

このときには本当の餃子の具でもいいですね。

ただ揚げると色が濃くなるので、目は白い方がいいですね。
このときには、マヨネーズ容器の細い口先を使って、目を書くといいですよ。

焼かないで蒸してみる

ハロウィンおばけの白さを出すなら、蒸したり茹でたりするのもいいですね。
蒸し餃子、水餃子です。

ただ、この場合は立つことはできずぐんにゃり寝てしまいますので、作るときから寝かして形になるようにしてください。
餃子の皮が柔らかくヒラヒラなので、おばけの感じはよく出ます。

どの場合も、あまり具は詰め過ぎず、餃子の皮のヒラヒラ感をおばけに見立ててくださいね。

 

ハロウィン 料理 のまとめ

餃子の皮は手軽に作れて、みんな大好き!

ハロウィンというと欧米風のものを作らなきゃと思いがちですが、こんな身近な材料も使って、楽しい料理メニューを作ってください。

簡単なレシピですが、「かわいい!」と、ハロウィンのパーティーが盛り上がります。


-料理メニュー
-, ,