sofa

夏休みの工作 小学生低学年の女の子にできるドールハウス手芸

2017/01/01

夏休みの自由研究で工作をする場合、子供に何を作らせるのかはお決まりですか?

早くからやらせようとしていたのに、気づけば夏休み最終日!
何か作らせなくてはと思っても、アイデアも材料もない!
そんなお困りのお母さんによいアイデアをご伝授します。

小学生低学年でも安心してできる、針も糸も使わない簡単手芸です。
それでいて、女の子らしいかわいい手芸ができて、それもミニチュアハウス、ドールハウスになるんです。

材料も家にあるものや、近くのスーパーや100均ですぐに買えるものばかりですので、最終日でも安心です。

 

夏休みの工作で小学生低学年の女の子にできるもの

夏休みの工作ですが、女の子の工作なら手芸にするといいですね。
男の子のやるような木工などは、力も材料もいるし、作成に日にちもかかります。

その点、手芸作品であれば、ソファに座りながらテレビを見ながらでも気楽にできますし、なんと言ってもかわいいので、作っている本人自身がとても楽しいですね。

小学生低学年の女の子でもできる簡単ドールハウス

それでも、本格的な手芸は大人でも大変ですし、手芸教室に行くほどの必要もありません。
ましてや作る本人が小学生の1年生や2年生と低学年であれば、裁縫もしたことがないでしょうし、針や糸を持たせるのも心配です。

そこで、手芸は手芸でも、布と接着材があれば針で縫い合わせることなくできてしまう、超簡単な手芸をお教えしますね。

それも、女の子に大人気のドールハウスです。
見栄えもとてもかわいいのに、小1時間もあれば十分できます。

もちろん、いくらでも工夫や応用ができますので、小学生高学年の女の子にも人気でおすすめです。

女の子ならきっと「やりたい」と言い出す手芸。
ぜひ、やらせてみてください。

 

夏休みの工作で、女の子が大好きなドールハウスを作ろう!

小学生低学年の女の子でもできる簡単ドールハウスとはこちらです。

小学生低学年の女の子でもできる簡単ドールハウス

まず、この動画を見てみましょう!

ねっ!これなら針を使わないので安全ですし、ただスポンジにお好きな布を張り付けるだけでできてしまいます。

ドールハウスのソファの材料

  • スポンジ2つ
  • 布生地
  • 綿
  • 布用ボンド
  • レース等(もしあれば)

スポンジは家庭に予備の新品があるでしょうし、なければ近くのスーパーでもどこでも格安で売っていますね。

布も余った端切れなどでよいでしょう。
ちょうどかわいい布があれば最高ですが、無地やストライプ柄しかなくても、仕上げにレースなどをつけると、グッとかわいらしくなりますよ。

実は夏休みの工作課題としては、この「家にある余り物」に目を向けて作ってみた・・・というタテマエがいいのです。
それも台所のスポンジやお母さんが余らせて取ってあったハギレ、なんていうのが、いかにも小学生の女の子らしい目線になるので、テーマ的にも先生ウケします。

どうしても材料がなければ、こっそりダイソーなどの100均に行ってみましょう。
100均ショップに行けば、スポンジも手ごろな布地も綿もボンドもレースもみんな売っています。
でも、工作キットを購入するわけではないので、堂々と「家にある余り物で作った」と言えますよ。

夏休み最終日でも十分に準備して作成できますので、ぜひ焦らずにやってみてください。

 

夏休み工作で女の子は手芸が一番!

簡単手芸ドールハウスソファの作り方のコツ

作成の手順は動画の通りですので、ここでは、上手に作るためのコツをお教えします。

平らなスポンジがない場合には

家庭台所用のスポンジには、食器が洗いやすいようにわざと変形になったものや、表面にナイロンたわしがついていたり、片面が波打ったようにカットされているものもたくさんあります。

この手芸は布をボンドで張り合わせるだけで作りますので、できるだけ土台となるスポンジは平らなものがいいでしょう。

もしも、ご近所のスーパーにちょうど平らで、大きさ的にも手ごろなものがなかったら、「激落ちくん」のノーカット版を使うと、自由な大きさにカットできていいですよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【2160円以上送料無料】レック 激落ちくん S-003
価格:124円(税込、送料別) (2016/7/23時点)

ただし、カットにはカッターなどの刃物を使います。
ですから小学生低学年の女の子がこの土台を準備するときには、お母さんが手伝ってあげてください。
一番いいのは、土台のカットだけは、お母さんがまな板の上で劇落ちくんをスパッと包丁で切ってしまうことですね。(笑)

この作品の大きさは、まったく自由でできますので、布地に合わせてちょうどよい大きさのスポンジをご用意ください。

布地が足りない場合には

全部を同じ柄の布地で作ってしまうのが一番簡単ですが、どうしてもハギレが足りない場合などには2枚使いもできますよ。

たとえば、

 ・座る土台と背もたれやひじ掛け部分を別布にする
 ・ソファの表面と裏面を別布にする
 ・ソファの左右を半分づつ違う色にする
 ・ソファや背もたれの裏側をフェルトにする
 

などの工夫をすると、それがアクセントにもなりますね。

実際にスポンジに布を張り付けていく前に、子供と一緒に、布でくるんで見ながら大きさやバランスを見てあげましょう。

布が地味ならレースを貼る

動画の最初の方でチラっと出てきたように、ソファの縁取りにレースを使うととてもかわいくゴージャスになります。

こんな作品を作っていると、女の子なら胸キュンですよね。
レースやリボンも手持ちのものや100均で準備できますので、ぜひ仕上げに使ってください。

 

夏休み 工作 のまとめ

夏休みの工作、女の子ならではの手芸で、こんなにもかわいく見栄えのするドールハウスのソファができてしまいます。

お手持ちの人形など座らせてあげたいですね。
余力があれば、テーブルなども同じ要領で作ってみたら最高です。

この手芸工作は、針も糸も使わず、布をボンドで張り付けるだけです。
それでいて、家庭台所用のスポンジや余ったハギレなど「余り物で作った」というのがエコですし、物を大事にする意味でも、小学生低学年の女の子が作るのにうってつけのテーマです。

作り方も簡単で、すぐにできてしまいますので、夏休みの最後の最後に工作宿題で困ったら、 ぜひ、この手芸工作をしてみましょう。

小学生低学年の女の子にも簡単にできて、本人も達成感でニッコニコになれますよ。


-工作
-, , , ,